2006年8月23日(水曜日)

人を思いやること・・・!

カテゴリー: - yuri @ 01時15分21秒

思いやりって、すごく難しい。

最近、自分ってホントになんて勝手なんだろうと思う。

私の悪いところは、感情の起伏が激しいこと。
自分でもよく分かっている。

それでいて、なかなかそれを押さえられない時がある。

正直過ぎると、親友や、知人に言われる。

決して良い言葉ではない。

正直な故に、相手に嫌な思いをさせてしまったりする。

もっと、デーンと大きな心で構えていないとなぁ〜と思うんだけど、
それは、自分の自信の無さかもしれん・・・(>_< )

でも、それも結局は自分勝手な言い訳かも。

言った後に、反省をする。
だったら、最初から言うなって感じよね。

「口は災いのもと」「後悔先に立たず」とは、本当に当たってる。

Mさんに、芝居のレッスンの時にいつも言われる、自分の中の芯がキチンとしていないと、絶対ダメっていうのが、身に沁みてよくわかる。

それこそ、「幸せの曲り角」の〜間違えてばかですね〜では、すまされない。

何故、相手がこう言ってきたのか・・・。
1度自分の心に入れて、考えてから自分はそれに対してどう思うか・・・。

自分が先ではなく、相手のことを考えて・・・。

それこそ、思いやり!

そうしないと、大切な人、大事な人を失ってしまう・・・。

そんな事は、絶対イヤだ。

多分、甘えてるんだろうなぁ〜。
でも、それじゃぁ、36歳!大人の女性とは言えないなぁ。

反省の毎日だ(>_<)

明日は、三重県桑名市でのキャンペーンとお祭り!
頑張るぞぉ(^_^)v


コメント

RSS feed for comments on this post.

  1. 大昔、外国の戦士で身長2メートルを超えてたというゴリアテという男子が居たそうです
    冷酷な戦士として恐れられていた彼にも誉められるべき良い特質があったそうです
    「おもいやり」だそうです

    でも信用しないでください 実際は「重い槍」を持っていたというオヤジギャグなのですwww

    正直さは美徳だと思います
    でも、正しいから言っていいかどうかというと それは別ですね

    たとえば 「あなた足が短いですね」という言葉
    事実はそうだとしても相手を傷つけてしまいます
    かといって足が長いですねと言うなら皮肉になります

    言葉ってむつかしい

    Comment by しんじ — 2006年8月24日(木曜日) @ 10時39分03秒

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

18 queries. 0.007 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ブログ カレンダー
2018年 6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
月別過去日記