2006年11月2日(木曜日)

私の頭の中の消しゴム・・・!

カテゴリー: - yuri @ 03時32分04秒

今日、DVDを借りて映画を観た。
昨年放映された「私の頭の中の消しゴム」だ。

この映画は、ちょうど昨年、「幸せの曲り角」のレコーディングの頃、放映されるので、テレビスポットととか結構インパクトがあった。

それは、「幸せの曲り角」の歌詞が
♪〜 悲しみは消しゴムで 消すことができますか
   やさしさを巻き戻し させてくれますか 〜

という言葉で始まるから、「消しゴム」という言葉がすごく印象に残っていた。

結局、映画館で観ることはなかったんだけど、そう言えば!と思い出し借りてみた。

主人公は27歳の若さに関わらず、アルツハイマー病になってしまう。

自分の頭の中から記憶や思い出がが消えていく・・・。

家族や、愛する人の事を忘れていってしまうなんて、どんなに悲しいことだろうか。

いや、それよりも恐怖でしかないだろうなぁ〜。

「死よりも切ない別れがある」というキャッチコピーが付いていた。

そうかもなぁ〜。
実際に手を伸ばせばそこにいるのに、忘れられていくんだもんね。

この映画は、記憶が消されていく「消しゴム」

でも、私の歌は、記憶を消して欲しいと願う「消しゴム」

生きていると色んなことがあるから、出来る事なら消したい過去って誰にでもあるのかもしれない・・・。

良いことだけを記憶に残しておいて、辛いことや悲しいことを消し去りたいと誰でも思うのかもしれない・・・。

でも、そんなことはもちろん出来ないことだけど。

だからこそ、どんなことも価値のあるものなのかもしれないなぁ。


コメント

RSS feed for comments on this post.

  1. 消しゴムで擦ってゆくと段々文字が薄くなってゆきます
    でも完全には消えません うっすらと「跡」が残ります
    残った「跡」の上に新しい文字を書いたとき「跡」の存在を感じなくなります

    忘れたい悲しみ(跡)は楽しい思い出を重ねることで気にならなくなってやがて忘れることができるのかもしれないですね

    Comment by しんじ — 2006年11月4日(土曜日) @ 09時26分08秒

  2. 私も人生半分は消したい記憶があるほうです。
    好きな歌を聴かせていただく時は、消えないようにしたいですね。
    明日、行くことができそうですので楽しみにしていまーーす。

    Comment by おみつ — 2006年11月4日(土曜日) @ 11時23分57秒

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

16 queries. 0.007 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ブログ カレンダー
2018年 11月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
月別過去日記