2006年6月9日(金曜日)

【夢の世を 生きた 書いた 恋をした】

カテゴリー: - yuri @ 04時14分33秒

昨日の前橋の帰りの車の中で、ちょっと用事があってお母さんに電話をした。

その時に、親戚のじいちゃんが亡くなった事を知った(>_< )

「えぇ〜!うそぉ〜!」

電話を切った後も、頭真っ白で・・・。

社長が、「どうかしたのか?」って聞いて来たので、
「いや、実は・・・。」説明をしてるうちに涙が出てきた。

とにかく・・・と、じいちゃんの家に電話をした。

掛けたものの、ちょっとパニクッてて、何て言っていいのか・・・。

おいちゃんの方が、「新曲出て良かったのぉ。頑張れよ!」って反対に励ましてくれて・・・。

「とりあえず、今度愛媛に帰った時には伺います・・・。」としか言えんかった(>_< )

親戚のじいちゃん・・・。
書道の世界では有名な、燧洋会の会長「友近吾道先生」
米寿の88歳やった。

私も小学生の時に、習字を教えて貰ったことがある。

私の中では、とても厳しく怖い先生のイメージが未だに残る・・・。

でも、色んな思い出がある。

忘れもしない、デビュー当時、南海放送のラジオの番組の公開番組を、今治銀座商店街で行った時、友近のじいちゃんが見に来てくれた。

その時、寒かったんやけど、私コートを持ってなくて・・・。

そしたら「風邪引くぞ!」って、商店街の知り合いの店に連れて行かれて、
「買ってやろう!」って黒のロングコート(カシミアのマフラー付き)をプレゼントしてくれた。

もうビックリ!

嬉しくって、結構、長い間着とったなぁ〜。
それも、今だから言うけど、ポケットには穴が開いてしもて、自分で縫って直してまで着てたなぁ。

何ヶ月か前、仕事で愛媛に帰った時に、燧洋会の皆さんの展覧会を行っていて、
友近吾道先生も米寿のお祝いに、本当は88作品書く予定だったらしいんやけど、
一時、交通事故で入院していて、書けた作品だけを出展していたので観に行った。

展覧会を開いている時に、愛媛の仕事で帰っていて観に行けたことは、
偶然ではなく、必然やったと今では思う。

1枚の書に釘付けになった・・・。


【夢の世を 生きた 書いた 恋をした】

胸にズキッときた。
鳥肌が立った・・・。

あの友近のじいちゃんが、こんな言葉を書くなんて・・・。

もちろん、他にも素敵な言葉の書が沢山あった・・・。

でも、この書が本当に感動した。
一目惚れやった。

だから気が付いたら、写真を撮ってた。
で、東京へ戻って来てからもよく写真を眺めとった。

あの時、すぐ友近のじいちゃんの所へ行って、
「あの作品、すっごく良い〜。私メチャクチャ好き!」って、
興奮して言った記憶がある。

その後、何日かしてナントその作品をプレゼントしてくれた。

お母さんから聞いた時は本当に嬉しくて、
何時か、売れたら・・・いや、出世払いでも買いたいと思ってた作品を・・・。

友近のじいちゃんが、私が気に入っていたのを覚えててくれたこと、
そして、大事な作品をプレゼントしてくれたこと、本当に感謝している。

今では、形見になってしまったけど・・・。
うちの家宝です。

本当にありがとうございました。

お通夜、告別式には出席出来ないけど、東京から心よりご冥福をお祈りしています。

一回でいいから、【幸せの曲り角】を生で聞いて欲しかったなぁ〜。

デビュー当時からずっーと「色気がない!」って言われ続けて・・・。

でも、前回会った時に、「お前も少しは色気が出てきたのぉ」って言って貰えた事が、すっごく嬉しかったんよねぇ。

その時、おいちゃんに撮って貰った、友近のじいちゃんと二人で写した写真。

そう言えば、二人で記念写真を撮ったのって初めてやったんやないかなぁ〜。
大切に持っていますね。

ジャケットの赤のドレス姿を実際に見て貰えてたら、もっと褒めてもらえたかなぁ〜?

友近のじいちゃん、これからも頑張って歌って行くので、天国でばあちゃんと二人仲良く応援してねぇ〜。

怖かったけど、いつも、ピシッとしとって、格好良かった友近のじいちゃん。

沢山の思い出をありがとう。


コメント

RSS feed for comments on this post.

  1. 私も愛媛(松山)出身です。さるきっかけで友近吾道先生の書を入手することになり、現在和室の床(に似せたものを精一杯設えました)に飾らせて頂いております。どのような書家でおいでなのかを知りたいと思い、ウェブで検索したところ、こちらのページにたどり着きました。同年代なので勝手に懐かしみを感じさせてもらっています。機会があれば一度ショーに伺ってみたいと思います。常磐線沿線や東葛方面にお越しになることがあれば教えて頂ければ。では、頑張って下さい。

    Comment by わたなべ — 2008年1月7日(月曜日) @ 22時26分12秒

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

16 queries. 0.009 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ブログ カレンダー
2018年 9月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
月別過去日記