2006年3月14日(火曜日)

方言!

カテゴリー: - yuri @ 01時30分00秒

芝居のレッスンやった。

今日は、自分は台詞を言うのではなく、
ト書きを読んだんやけど・・・。

自分が台詞を言ってる時って、いっぱいいっぱいで分からんけど、
こうして、客観的に見てると本当に面白い。

そして、配役が変わってやってみると、
また全然違うお芝居になるんよねぇ。

不思議やなぁ〜。
同じ台詞やのに・・・。

それは、歌もそうやけどね。

それが、個性なんやろうけど、
本当に表現の仕方で変わってくるんよねぇ。

台詞を言う時、気にしてしまうのは方言!

気持ちを伝えようという前に、
「このイントネーション合っとるんかなぁ〜?」と考えてしまう。

だから、すっごい緊張するんよねぇ(>_< )

だって、当たり前のことやったんやけど、
愛媛におる時、学校の国語の教科書とか、愛媛弁で喋っとったんやもんなぁ。

今考えたら、すごい面白いよね。

でも、上京当初は、やっぱり恥ずかしくて、なかなか話せんかったなぁ。

だって、自分の名前【越智小百合】ですら、イントネーションが違うんやもん。

八百屋でバイトしよる時も、野菜の名前も、値段の言い方も全然違う・・・。
もう、ホント大変やった(>_<)

だから、最初お客さんに「これいくら?」
って聞かれるのが何か怖かったんよねぇ。

標準語が凄く冷たく聞こえた。

愛媛やったら「これなんぼ?」やったし・・・。

私は、基本的に仕事の時は標準語で話すんやけど。
それは、やっぱり、通じないんやないかなぁ〜と思うから・・・。

関西弁は、今では結構耳に馴染んどると思うけど、
愛媛弁て、関西弁とまたちょっと違うんよねぇ〜。

でも、最近はわざと愛媛弁を交えながら話したりするけどね。
その方が、伝わりやすかったり、温かみがあったりするから。

何より、やっぱり落ち着く(*^_^*)

このブログも、ホント、これこそ素の自分やもんね。
だけど、パソコンでは実は変換が大変なんやけどね。

以前、Krさんが、イントネーションが分かればもっと面白いのに・・・。
って、コメント下さってたんやけど、ホント出来ることならメッセージテープとして流したいくらい(笑)

テレビでも、たまに方言の番組をやったりしよるけど、
見てて面白いもんなぁ〜。

故郷があるからこそ、こんな嬉しい気分を味わえるんやなぁ。
方言バンザ〜イ!

ヨシ!決めた!
これからは、ステージでもちょこちょこ方言出しちゃろぉ〜(^_^)v
皆さんが分かる程度に・・・(笑)

追伸:せんさん、コメントありがとうございました。
   【赤ちょうちんの詩】心が伝わっているんだと、嬉しくなります。
   これからも、大事に歌って行きますね!


コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

16 queries. 0.007 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ブログ カレンダー
2018年 1月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
月別過去日記